FC2ブログ
【お知らせ】

minne にて販売を再開しております(*ΦωΦ)



「七夕とは、、、」
そろそろ風邪も治りかけなのに梅田に出かけたついでに淀橋見てきたらまた鼻が酷くなった伊織@狛犬屋です。







七夕です。ワタクシの生誕祭です。







中高生の頃はテスト期間中でした。






なにより梅雨真っ最中です。






社会人になったら氷河期でブラック企業勤務ゆえ気が付いたら日付は変わってる。





祝日ですらない。





何が楽しいものかぁぁぁぁぁぁぁ!!!
(ノ`Д´)ノ キィィィ





年に一度しか会えない夫婦の御伽話に興味がないどころか、私の6歳の誕生日に自分の葬式を開催してくれた田舎のばあちゃんの方がよっぽどインパクトを残してくれたわ。






田舎のばあちゃんは宮崎の山奥に生息し、私は大阪の余り裕福ではない家庭なので盆正月に田舎に帰る事など無く。






3歳くらいの時にばあちゃんが遊んでくれた記憶が一瞬チラッと残ってるくらい。






まぁ、ほとんど会った記憶が無い訳ですわ。






ある時、ばあちゃんが危篤状態になったと田舎の親戚から連絡があり、母はまだ幼稚園に通っていた私を連れて田舎に帰りました。
小学生の姉はお残り組です。






古い病院の二人部屋のベッドの一つにばあちゃんが意識のない状態で寝ていて、もう一つのベッドで母と幼い私は数日の間寝起きしていました。






夏なので大人の人達が寝てるばあちゃんの汗を拭いたり、喉に絡まる痰を吸引したりするのを見ていました。






ある日親戚だったか看護師さんかに「おばあちゃんの汗ふいてあげて」と言われたので、素直な私(笑)は意識なく横たわっているばあちゃんの汗を拭いてあげました。






「これでいいのかな?うまくできたかな?」とか考えてた気がします。







それから何日経ったか覚えてないけどばあちゃんと母と私は、ばあちゃんの家に行きました。







まぁ寿命も近いので後はご自宅で、、、というヤツです。







またそれから何日経ったか覚えてないけど、私は幼児によくある「突然発熱してバタンと倒れる」をやらかします。







その時私は確かリアル○ールドを飲んでいました。
(そういうトコは覚えてる)







熱を出している間の記憶はもちろん無いのですが、熱が引いてある夜に目を覚まして起きた時、







隣の部屋のばあちゃんが寝てる傍らで、親戚のおばちゃんがどこかに電話をしていて切ったところでした。当時は黒電話です。
(襖が開いてたので見えてたのです)






私が目を覚ました頃にばあちゃんが息を引き取り、どこかへ連絡していたようです。






ワタクシあまりスピリチュアルな思想は持たない方ですが、「んなもんあるか!」とも思わない人です。
だってホラー映画好きだし。






恐らく私が既に小学校に上がっていたら母と一緒に田舎に帰る事は無かったと思う。
(学校第一の考えの親なので)






母は姉を生む時は里帰りしたけど、私の時は里帰りしなかったので、ばあちゃんあの世に行く前に「あまり会えなかった孫の顔見たかったのかねー」と。






七夕は私にとってはそういう日でもあるのですわ。





というワケで6年位前に、ババァのトコにガッチムチなシャムMIXのオス猫を先に送り込んでおいた。(と言うことにする)





モフモフしながらそっちでもちぃーっと待っちょって!!





--------------------キリトリ------------------

ゴホゴホ咳込みながら、こんな事書きつつ今年もちゃんとTour de France見てるそれが私。

--------------------キリトリ------------------





かごバッグ<みちくさ>
kgb02-01.jpg




↓ポチッとお願いします!



スポンサーサイト
[2017/07/08 01:30 ] | 日常のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<「宅配発送の商品について」 | ホーム | 「新作バッグ登録しました!」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://komainuya77.blog.fc2.com/tb.php/244-59da3cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |